忍者ブログ




[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/12/11 09:26 |
デコ電、ドコモのカスタムジャケット

デコ電、ドコモのカスタムジャケット

デコ電も、今はカスタムジャケットの登場で、もっと気軽にデコ電が楽しめるようになりました。

カスタムジャケット、いわゆる着せ替え携帯とは、付属や別売りのパネルなどで外装が自由に選べる携帯電話の総称のことです。

着せ替え携帯発売以前から、アンテナを交換したり、外装を全塗装するなどして、自分だけのカスタム携帯を作るユーザーが多くいました。しかし、それらの改造行為は通信機の改造になり、改造した携帯電話で通話するのは違法行為に当たります。

そこで携帯電話の改造を行わなくても外観を変えることができるように、携帯電話に外付けのパネルなどを付けるスタイルが誕生しました。2000年12月にソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが開発し、auから発売されたC406Sが日本初の着せ替え携帯です。その後、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルでも発売されています。

カスタムジャケットは、デザイン面だけでなく、電話機の損傷を防ぐ効果もあるようです。
また、標準採用されてない機種の中には社外品を装着することができる機種もあります。

ドコモのmovaではソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが開発した機種に、FOMAではP90xシリーズやN70xシリーズにカスタムジャケットが採用されています。

FOMAのP90Xiシリーズは『着せかえケータイの定番』というイメージすら定着しました。
FOMA N70xは「スタイルプラス」と呼ばれています。

PR



2008/07/12 23:02 | Comments(0) | TrackBack(0) | 携帯カスタムジャケット

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<デコ電の作成マニュアル | 携帯デコ電HOME | デコ電のクリアシェル>>
忍者ブログ[PR]