忍者ブログ




[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/21 07:37 |
デコ電、ドコモのカスタムジャケット

デコ電、ドコモのカスタムジャケット

デコ電も、今はカスタムジャケットの登場で、もっと気軽にデコ電が楽しめるようになりました。

カスタムジャケット、いわゆる着せ替え携帯とは、付属や別売りのパネルなどで外装が自由に選べる携帯電話の総称のことです。

着せ替え携帯発売以前から、アンテナを交換したり、外装を全塗装するなどして、自分だけのカスタム携帯を作るユーザーが多くいました。しかし、それらの改造行為は通信機の改造になり、改造した携帯電話で通話するのは違法行為に当たります。

そこで携帯電話の改造を行わなくても外観を変えることができるように、携帯電話に外付けのパネルなどを付けるスタイルが誕生しました。2000年12月にソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが開発し、auから発売されたC406Sが日本初の着せ替え携帯です。その後、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルでも発売されています。

カスタムジャケットは、デザイン面だけでなく、電話機の損傷を防ぐ効果もあるようです。
また、標準採用されてない機種の中には社外品を装着することができる機種もあります。

ドコモのmovaではソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが開発した機種に、FOMAではP90xシリーズやN70xシリーズにカスタムジャケットが採用されています。

FOMAのP90Xiシリーズは『着せかえケータイの定番』というイメージすら定着しました。
FOMA N70xは「スタイルプラス」と呼ばれています。

PR

2008/07/12 23:02 | Comments(0) | TrackBack(0) | 携帯カスタムジャケット
デコ電のクリアシェル

何回も携帯電話デコ電を楽しみたい方や、ちょっとデコに自信のない人にオススメなのが、クリアシェルです。
一台一台に合わせた薄さ0.2mmの手作り商品で、携帯とのフィット感が売りです。
デコ電を変えるために、貼ってある装飾を剥がすのはとても骨が折れますよね。
デコ電のスワロフスキーストーンも割れやすく、結構危ないものです。

デコ電のクリアシェルは0.2mmのとても薄い、デコ電用の透明カスタムジャケットです。
はずしたり付けたり、着せ替え自由自在で、携帯にまるごとかぶせて傷から守ります。
いろんな機種が作れるので、とても便利。携帯電話修理も安心です。
デザインに飽きても付け替えられるので、一つの携帯でより多くのデザインも楽しめちゃう。
デコ電シートを上手に貼る自信のない方には特にお勧めです!

特徴としては、表も裏もカバーできること、携帯の電源ソケットやストラップの穴、ワンセグアンテナなど
カッターで切り抜いてそのまま使えます。
極薄なのでタテヨコ式ディスプレイもOKですし、カバーの上からボタンが押せるのでスキマにホコリが入りません。 シェルは2重にできるので携帯へのペイントにも最適!

このクリアシェルは工業製品ではなく工芸品。 1枚1枚手作業での加工にて仕上げているので、成形の都合上、光にかざすと表面にゆがみや、側面にシワが見える場合があります。
また、切り口が直線になっていない場合もあり、機種によっては側面に両面テープやグルーで固定が必要だったり、2つ折りタイプの関節にはカバーがかからない部分があるようです。


2008/07/11 23:58 | Comments(0) | TrackBack(0) | 携帯カスタムジャケット
携帯デコ電からカスタムジャケット

携帯デコ電からカスタムジャケット

携帯電話をデコレーションする“デコ電”、タレントの叶姉妹がニューヨークのデザイナーに頼み、装飾してもらった費用が300万円、とも言われたりしましたね、真偽の程は分かりませんけれど。
装飾携帯は今や、立派な“文化”として育っています。

そして、メーカーの出す“カスジャケ(カスタムジャケット)”は、そのオリジナル装飾携帯の世界を広げるのに一役買ってもいます。デザインに優れた機種が続々登場し、“より薄く・より軽く”が合言葉なはずの携帯業界で、“装飾カスタマイズ携帯”は若い女性を中心に根付きました。

このカスタムジャケットというのは、携帯電話に外付けのパネルを取り付けて自分だけのカスタム携帯が作れる着せ替え携帯のことをいいます。日本初の着せ替え携帯はauのc406sで、その後ドコモやソフトバンクからも着せ替え携帯が販売されています。

特にドコモのFOMA P90xシリーズの外付けパネルはカスタムジャケットと呼ばれていて、FOMA N70xシリーズではスタイルプラスと呼ばれています。

カスタムジャケットの種類は豊富で、デザイナーがデザインしたものやエアブラシで絵が描かれている芸術的なもの、さらにはアニメ系からミッキーなどのディズニーキャラクターまであります。

デコ電”の印象は、「数年前にブームがあったよね」「あんまり興味がないんだけど」「そのままのケータイのデザインが好きでなので何もしません」等、あまり興味のある意見が見られなくなってきた現在、装飾携帯の文化の流れはデコ電だけにとどまらず、様々な装飾方法へと発展しているようです。


2008/06/22 00:15 | Comments(0) | TrackBack(0) | 携帯カスタムジャケット

| 携帯デコ電HOME |
忍者ブログ[PR]