忍者ブログ




[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/12/11 09:27 |
携帯電話のデザイン

携帯電話のデザイン

携帯電話の性能を追及するあまり、デザインや薄さなどのトレンドを見失うと、今の市場では目を向けてもらえません。カメラやワンセグが携帯の機能で重視されるようになり、製品は技術から企画するのではなく、利用者の視点でデザインをすることが必要のようです。

例えばNECの01年3月に発売された「N503i」。400万台の大ヒットになり、国内シェアは28%まて達しました。
しかし、以前成功した価値が今も正しいわけではなく、海外進出のつまづきから携帯事業部は崩壊寸前に。

そこで、それまでの丸みを帯びた外観を長方形の平面型に一新し、携帯のデザインを徹底して優先。
薄くするために、ワンセグは付けずにカメラの画素数も落とし、表面に金属色の塗装をするデザインを実現しました。技術を利用者の楽しみのために使うようになったことで、外部からの評価も好転し、夏モデルの携帯電話新機種は復活を予感させます。

まさに今の日本の携帯文化は高性能だけでは勝てる世界ではく、携帯は生活を楽しむ道具として、どこまでわくわく感を表現できるか・・・というところが重視されているようですね。
 

PR



2008/08/09 08:25 | Comments(0) | TrackBack(0) | 携帯電話の時々刻々

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<携帯電話充電器のデコ電 | 携帯デコ電HOME | 携帯電話ますます高機能に>>
忍者ブログ[PR]